名刺作成にかかる平均的な料金を知っておこう

これからオリジナルの名刺を作成して印刷したいと思っている人は、どのくらいの費用がかかるのかを知っていると役に立ちます。平均的にはどのくらいの料金を払って名刺を作っているのでしょうか。名刺を作成する上でどんな料金が発生するのかを知り、どのようにすれば安上がりにできる可能性があるのかも確認しておきましょう。

関連:急いで名刺を作りたい方へ!1日で名刺を作成するポイント

料金がかかるところはどこか

名刺を作成するときにはゼロ円で済むということはまずありません。全て自前で作ることもできますが、大抵の場合には業者に任せてしまう部分があるでしょう。料金がかかり得るところとしてどんなものがあるかをまず知っておくのが肝心です。

名刺の作成はどんな仕上がりにするかを考えてデザインを制作し、用紙を選んで印刷するだけでできます。この中で業者に依頼することができるのはデザインの制作と仕上がった名刺の印刷の二つです。ただ、両方とも業者に任せる必要はなく、自分で作ったデザインの名刺を印刷してもらうこともできれば、デザインをプロに任せてしまって自前で印刷することもできます。

その点も念頭に置いてデザイン制作と名刺印刷にどのくらいの料金がかかるのかを個別に知っておきましょう。

デザイン費用は平均的にはどのくらいか

名刺のデザイン費用はどこからどこまでを任せるかによってかなり異なります。安い場合には千円か二千円くらいで済みますが、高い場合には十万円くらいかかってしまうこともあるのです。ヒアリングを受けてどんな名刺にしたいかを伝え、素材の準備からデザインの構築まで全てを業者に任せるとなると料金は高くなります。

安くても五千円程度、高ければ十万円程度で平均的には三万円前後です。プロのデザイナーが手がけるか、名刺作成をしているけれどデザイナーではない人が担当するかといった点でも違いがあり、業者に応じて対応も異なるので気をつけましょう。

テンプレートを使ってデザインしてくれるタイプの場合にはほとんど費用がかからないこともあります。ただ、オリジナリティーのないものになってしまうことは否めません。一方、ロゴマークを作って欲しいという程度の依頼をすることもできます。

この場合にも業者による違いは大きく、ロゴマークの大きさやカラー数などによっても料金が変わるのが一般的です。安い場合には五千円程度、高い場合には三万円程度で、相場としては二万円くらいになっています。他にもイラストを作成してもらったり、テキストを考えてもらったりすることも可能です。

イラストの場合には三千円から三万円くらいが相場で、平均的には一万円程度になっています。テキストはもっと幅が広く、フレーズの長さや内容に応じて数百円から一万円くらいです。平均的には五千円程度で対応してくれるでしょう。

関連:10枚から注文できるオリジナル名刺作成

印刷費用について知っておきたいポイント

印刷業者に名刺を作成してもらう場合には印刷費用がかかります。ただ、どういう名刺を作りたいかによってかなり料金が違うということは押さえておきましょう。同じデザインの名刺を同じ業者に印刷してもらったとしても料金が変わることがあるのです。

例えば、何枚印刷してもらうかによって単価が変わる仕組みになっていることがよくあります。100枚なら1枚あたり20円なのに、1000枚にすると15円になるといった形で大ロットにすると単価は安くなるのが一般的です。関連-名刺作成通販 > デザイン名刺.net

また、納期をどうするかによっても違いが生じ、一営業日以内に納品という場合には高くても、二週間後までに納品という形にすると大幅な値引きになることもあります。さらに名刺を印刷する用紙の選択や表面加工の有無によっても料金が変化します。

上質紙なら安いけれどマット紙を選ぶとやや割高になり、さらに上級の用紙を選ぶと二倍や三倍も値段がしてしまうことも少なくありません。

表面加工についても一枚あたりいくら上乗せといった形になっているのが通例で、名刺が美しく仕上がる一方で料金を引き上げる原因になるのは確かです。また、印刷するときにはカラー数も選べます。モノクロはかなり安いですが、フルカラーになると二倍以上もの料金になっていることもあるのが実態です。

二色刷りや三色刷りなどに対応している業者もあって相場も異なっています。このように印刷料金は一概に言うことができず、平均的にどのくらいの費用がかかるかを考えるのは容易ではありません。

関連:紙にこだわって名刺を作成しよう

印刷料金は平均的にはどのくらいか

実際に名刺の印刷を依頼したときにかかっている料金は1枚あたり8円から100円くらいになっています。

格安な名刺印刷専門業者が1枚10円からというのを売りにしていることがよくあり、モノクロで上質紙を選べば10円くらいで印刷するのはそれほど難しいことではありません。

ただ、モノクロの名刺ではあまりアピール力がなく、相手の印象に残ることがあまりないもの確かです。大抵の人はカラー印刷で名刺を作成していて、その場合には最低ラインが20円くらいになっています。特別に高級な用紙を使用するケースを除けば、概ね20円から50円という単価で名刺を作成しているのが一般的です。

相見積もりをして安くしよう

デザイン料金、印刷料金のどちらについてもこれまでに挙げたのはあくまで平均的な金額です。業者の選び方や交渉の仕方によっては相場よりも安く依頼できることもあります。評判を調べたり、口コミ情報を確認したりするなど、様々な検討方法がありますが、その中でも最も直接的で安くなる可能性が高いのが相見積もりをする方法です。

相見積もりとは複数の業者に対して全く同じ条件で見積もりを取って比較することで、一般的にはデザインを手がける業者も印刷会社も見積もりは無料で対応しているので気軽に試せます。相見積もりをして安い業者を選べばきっと平均よりも安い料金で対応してもらえるでしょう。

相見積もりが優れているのは必ずしも業者が提示した料金で依頼しなくても良いということです。他の業者がこの金額でやると言っているという情報があるので、高い見積もりを出している業者と価格交渉をするのも難しくありません。

価格は下げられない代わりに小ロットでも同じ金額でやってくれたり、納期を早めてくれたりする場合もあるので交渉するのを忘れないようにしましょう。相見積もりをするには手間がかかりますが、努力するほど安い業者を見つけられる可能性があるので試してみるのが大切です。